虫歯治療

当院の虫歯治療の特徴

できるだけ痛みのない治療

できるだけ痛みのない治療痛みが予測される治療の場合は麻酔をした上で治療を致します。
当医院では麻酔の注射の痛みに配慮し、いきなり注射を打つのではなく歯茎の表面に塗るタイプの表面麻酔をかけてから極力痛みが少ないようにしております。

重度の虫歯治療にも対応

重度の虫歯治療にも対応歯の神経にまで進行した重度の虫歯の場合、「もう抜く以外に方法がありません」と言われることがあります。確かにそういった症例もありますが、歯の根を洗浄・消毒して、抜かずに保存できることも少なくありません。この治療を「根管治療」と言います。歯の根だけでも残すことができれば、そこに被せ物を取りつけ、抜歯を回避することができます。

そもそも虫歯になる原因は?

そもそも虫歯になる原因は?私たちが生きて食事をする以上、お口の中にはプラーク(歯垢)が溜まります。プラークの中には虫歯菌が潜んでおり、この虫歯菌が出した酸を原因として、歯が溶け、虫歯になります。
虫歯菌は糖分をエサとして増殖するため、食後に歯を磨かなかったり、頻繁に間食を摂る習慣があると、虫歯が発生しやすくなります。もちろん、歯磨きを「しているつもり」でも、正しく磨けていない場合には、プラークが残り、虫歯の原因となります。

虫歯ができやすい場所がある!?

虫歯ができやすい場所は、「磨きづらい場所」と言い換ええることができます。
奥歯の溝、歯と歯茎の境目、歯と歯のあいだ、奥歯の裏側などが挙げられます。歯磨きの際には、こういった場所を特に丁寧に磨きましょう。また、歯と歯のあいだのプラークを落とすには、デンタルフロスや歯間ブラシが有効です。

虫歯の進行別治療法

虫歯は、いきなり神経に達したりすることはありません。「C0」という状態から始まり、少しずつ進行していきます。
以下の表はその進行に伴う症状、治療法を表したものです。進行するほど、より負担の大きな治療が必要になることが分かります。

症状 治療法
C0
ごく初期の虫歯
歯の表面に白濁した点が現れる程度で、ご自身ではほとんど気づくことはありません。 適切なセルフケア+歯科医院でのフッ素塗布によって歯の再石灰化を促せば、削らずに治せることも。
C1
エナメル質を溶かした虫歯
部分的な黒や茶の変色が見られます。また、冷たいものがしみるようになります。 歯を削り、レジン(白い歯科用プラスチック)を充填して治療します。ほとんど目立たない仕上がりです。
C2
象牙質にまで達した虫歯
冷たいものに加え、甘いもの、温かいものもしみるようになります。また、痛みを感じることも。 歯を削り、型取りをして、詰め物を詰めます。
自費の詰め物・被せ物についてはこちら
C3
神経にまで達した虫歯
はっきりとした痛みを感じます。飲食をしたときだけでなく、普段もズキズキと痛みます。 汚染された神経や血管を除去し、洗浄・消毒・薬剤充填をする「根管治療」を行います。その上で型取りをし、被せ物を取り付けます。
根管治療についてはこちら
被せ物についてはこちら
C4
歯の根にまで達した虫歯
歯の大部分が溶け、見た目上も大きく損なわれています。神経が死に一度は痛みがなくなりますが、歯の根が膿むと、再度激しい痛みが起こります。 多くは抜歯の適応となります。その後、入れ歯やインプラントによる治療も必要になります。
入れ歯についてはこちら
インプラントについてはこちら

虫歯を削ってプラスチックで詰める治療

Step1.虫歯を削る

虫歯菌に感染した歯を削ります。深い場合は麻酔をすることもあります。
削った刺激により術後に痛みや不快症状が残る場合があります。
症状の程度により、その後の対応は変わります。

虫歯を削る

治療前のレントゲン
虫歯の場所と深さを確認

Step2.プラスティックを詰める

虫歯を削った穴にペースト状のプラスティックを流し込み、光で固めて詰めます。
プラスティックは完全に固まっているため、治療後すぐの御飲食が可能です。
虫歯を削る刺激やプラスティックを固める際に生じる熱反応により、痛みが残る可能性があります。

Step3.成形・研磨

プラスティックを固めたら、歯の形態に成形します。
プラスティックの表面のざらつきは歯垢の足場となってしまうため、キレイに研磨をして完了です。
また、プラスティックは経年的に劣化して着色することがあります。
ご心配な方はお気軽にご相談下さい。

虫歯を削ってプラスチックで詰める治療

虫歯にならないために

早期発見・早期治療の重要性

早期発見・早期治療の重要性ごく初期の虫歯(C0)で発見できた場合、丁寧なセルフケアと歯科医院でのフッ素塗布によって「削らずに治す」ことが可能です。そしてその後、虫歯の進行に伴い、歯を削ったり、詰め物・被せ物が必要になったり、根管治療が必要になったりと、簡単に言えば、治療は大掛かりになっていきます。治療期間は長くなり、費用もかさみます。何より、歯を大きく削るほど、虫歯の再発のリスクが高くなります。

一方で、早期であればあるほど症状がほとんどないため、なかなか患者様ご自身では気づくことができません。そこで大切になのが、定期的な検診です。歯科医師や歯科衛生士がチェックを行うことで、無症状であっても早期発見が可能となり、早期治療、つまりより簡単な治療で治すことができます。

虫歯治療Q&A

虫歯治療は痛いというイメージがあるので、痛みが苦手だと歯医者に行くのが億劫になるのですが…

「後回しにして良いことはないのに、歯医者に行くのが億劫」というお気持ちはよく分かります。ただ、重度の虫歯は最悪の場合、歯を失うことになります。
これはつまり、そのあとに入れ歯やインプラントの治療も必要になるということです。
当院では、歯を削る量を必要最小限に抑え、治療の痛みを軽減しています。
また、麻酔が必要になったときも、表面麻酔や電動注射器を活用していますのでご安心下さい。
不安に思いながら受診された患者様のほとんどが「思っていたより痛くなかった」と仰ってくださいます。
どうかご安心の上、お早目にご相談ください。
緊張していると痛みを感じやすくなりますので、リラックスしてお越しいただければと思います。

初期虫歯は自分で見つける・気づくことはできるのでしょうか?

最初に見られる変化は、歯の部分的な白濁です。その後、黒や茶への変色も見られるようになります。こういった変化をご自身で発見できることもありますが、もちろんすべてを必ず見つけられるわけではないので、自己判断に頼り切るのは禁物です。
定期的に歯科医院でチェックしてもらうのが、もっとも確実な方法と言えるでしょう。

虫歯を放置してしまい、歯がボロボロになってしまっているのですが、治療は可能なのでしょうか?

医療は日々発展しており、それは歯科においても同様です。その最たるものが、歯を失ってしまった場合に行われるインプラント治療です。天然歯と変わらない審美性と機能性を兼ね備え、快適な生活・食事を可能にします。 また、歯の根が残っていて、差し歯の土台となる条件が整えば、セラミックの被せ物で美しく仕上げる ことも可能な場合があります。 これらの治療が必要になる前に治すに越したことはありませんが、もしボロボロになってしまっても、諦める必要はありません。まずは、一度ご相談ください。

一番上に戻る
0742-93-36060742-93-3606 WEB予約フォームWEB予約フォーム 登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-1-10

9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:日、祝日

0742-93-3606

ならやま大通り沿い駐車場6台完備