インプラント

当院のインプラント治療の特徴

当院のインプラント治療の特徴奈良市の登美ヶ丘木原歯科医院では、丁寧なカウンセリングから始まり、歯科用CTによる精密な検査・診断、高品質のインプラントを揃え、治療を行っております。
当院でまずはインプラント治療が必要かどうか、一緒に考えてみませんか?

丁寧なカウンセリング

インプラントは、審美性・機能性の回復に優れた治療ですが、手術を伴い、また費用も安くありません。患者様も、十分に理解した上で、ゆっくりと検討することをご希望かと思います。
当院では、丁寧なカウンセリングによって、患者様の不安を一つ一つ取り除いていくことを大切にしています。分からないことは、何でもお尋ねください。

CT完備で精密な診断

CT完備で精密な診断インプラントは顎の骨に埋めこむ装置であるため、「顎の骨の状態の良し悪し」がインプラント治療の成否を握る要素になります。顎の骨の形、骨量を綿密に把握し、分析した上での治療となるため、CTでのデータは不可欠となります。
当院では、インプラント治療を実施する全ての症例で術前・術後にCT撮影を実施し、歯科用CTによって顎の骨の量・厚み・質を詳しく調べ、十分なシミュレーションの上で治療へと進みます。
患者様も、メリットとデメリットをしっかりと把握した上で、奈良市の登美ヶ丘木原歯科医院ではインプラント治療を受けていただけます。

完全個室で感染対策を徹底した個室

完全個室で感染対策を徹底した個室奈良市の登美ヶ丘木原歯科ではインプラントの埋入は、全身の健康状態を管理できる設備を整えた個室で行います。
感染対策にも万全を期しております。
インプラントは顎の骨に埋めこむ装置であるため、「顎の骨の状態の良し悪し」がインプラント治療の成否を握る要素になります。顎の骨の形、骨量を綿密に把握し、分析した上での治療となるため、CTでのデータは不可欠となります。 当院では、インプラント治療を実施する全ての症例で術前・術後にCT撮影を実施し、歯科用CTによって顎の骨の量・厚み・質を詳しく調べ、十分なシミュレーションの上で治療へと進みます。 患者様も、メリットとデメリットをしっかりと把握した上で、インプラント治療を受けていただけます。

インプラントと入れ歯・ブリッジとの比較

インプラントと入れ歯・ブリッジがどのように異なるのか、以下の表をご参考ください。
入れ歯やブリッジも、自費であれば、審美性・機能性の高いものがご用意できます。

インプラント
入れ歯
ブリッジ
見た目 天然歯と同等 人工物であることが分かる 人工物であることが分かる
噛む力 天然歯に近い 天然歯より大きく劣る 天然歯よりやや劣る
違和感 なし 大きい ほとんどない
手術 あり なし なし
治療期間 半年~1年 1~2週間 2週間~1ヶ月
セルフケア 天然歯と同じようにケア 取り外してケア 天然歯と同じようにケア
定期的なメインテナンス 必要 必要 必要
まわりの歯への影響 なし バネを引っかけるため
負担がある(部分入れ歯)
橋のように架けるため
負担がある
耐用年数 10年以上 約5年 約8年
保険/自費 自費のみ 保険・自費から選択 保険・自費から選択

インプラントの流れ

ご予約

ご予約まずはお電話でご予約ください。

初診・カウンセリング

初診・カウンセリングインプラント治療の内容、メリット、リスク、費用など患者様がインプラント治療をご検討するにあたって必要な情報を詳しくご説明します。
分からないこと、不安なことがあれば、何でもお尋ねください。
患者様に安心していただけるようご説明をします。

初診・各種検査

初診・各種検査お口や顎の骨の状態を知るための検査を行います。
「口腔内検査」「CT撮影」などを行い、インプラント治療が可能であるかどうかを診断します。
重度の症例や複雑な症例のなどの場合には、診断に数日を要することもあります。

治療計画の立案

治療計画の立案カウンセリングの内容、検査結果をもとに治療計画を立て、ご説明します。
治療計画にご同意いただけましたら、手術の日時を決定します。もちろん、一度持ち帰っていただき、じっくり検討していただいても構いません。

一次手術

一次手術インプラントを埋入する手術を行います。
二次手術までの期間(2〜4ヶ月)は、埋入したインプラントと顎の骨の充分な結合を待つ治癒期間です。

二次手術(上部構造の取り付け)

二次手術(上部構造の取り付け)インプラントの先端を歯茎の外に露出させ、型を採って上部構造(人工歯)を作製します。
出来上がった上部構造をインプラントに装着して、治療終了となります。

メインテナンス

メインテナンス

治療終了後も、定期的にメインテナンスにお越しいただきます。インプラントを長く快適にご使用していただくため、メインテナンスは欠かせません。必ずご来院くださいますようよろしくお願いします。

インプラント治療後のケアの重要性

インプラントは一度入れてしまえば、その後ケアをしなくても一生問題ないこと確約されるものではありません。インプラントは、たかが人工物にすぎないのです。長持ちさせるためには、インプラント周囲を含めた口腔内の衛生状態を保つための定期的なクリーニングとメインテナンスが重要です。

インプラントの埋入の流れ

STEP1:歯ぐきを切開する

STEP2:インプラントを入れる穴を掘る

STEP3:インプラントを埋入

STEP4:プロビジョナルレストレーション

STEP5:印象採得・シェードテイク(型採り・色合わせ)

STEP6:上部構造装着

骨が足りないからインプラントができないと言われた方へ…

顎の骨の量や厚みが不足している場合、そのまま無理にインプラントの埋入を行うと、長期の安定は期待できません。
当院では、そのような場合でも、顎の骨の量を回復させる以下の術式を組み合わせ、インプラント治療を行うことができます。

GBR法〈骨誘導再生療法〉

GBR法とは、インプラントを埋入したい場所に骨の量が不足している場合、骨を増量させる処置のことをいいます。骨が不足している部位に、人工骨または自家骨を置き、メンブレンと呼ばれる特殊な膜を張ることで、骨芽細胞を集め、骨の形成を促します。インプラント埋入とはまた別に追加の処置となりますが、骨の量が足りない場所にもインプラント治療を可能にするための処置となります。
4~6ヵ月ほどで、新しい骨が形成されます。

インプラントオーバーデンチャー
(インプラント接続式総入れ歯)

インプラントを土台にした入れ歯です。入れ歯の欠点のひとつとして、ガタガタ動いてしまうことが挙げられます。インプラントと入れ歯を接続する(服のボタンのような構造)ことで、入れ歯を固定することができます。取り外し式ですので、元々歯があった時を同じ感覚とまではいきませんが、食事を取るといった機能面では歯を失った改善策としては優れた方法といえます。
また、インプラント治療を希望はするが、本数が多く必要になり費用がかさむ症例の場合、インプラントオーバーデンチャーにすることでコストカットを図ることが可能となります。

インプラント接続式総入れ歯を装着の流れ

STEP1:インプラント埋入

顎の骨や骨格において、レントゲンやCT撮影をして、充分な検査をします。
インプラントを必要数埋入します。
インプラントが使用できるようになるまでは、既存の仮入れ歯を使用して頂きます。

STEP2:義歯作製

インプラントが使用できる時期になると、本義歯の作製に入ります。
作製順序は、通常の総入れ歯と同じです。

STEP3:上部構造装着

インプラントに上部構造体を接続していきます。

STEP4:装着

入れ歯側にインプラントと接続口になる専用のゴムを埋め込みます。
各所の調整をして、口腔内に装着します。
取り外しをご自身でしていただくため、練習をして頂きます。
ご自宅では十分な管理をしてください。

インプラント治療の症例

Case1

Case1写真左:歯が折れてしまって抜歯が適応となった
写真中央:インプラントを入れて被せ物の土台を立てた状態
写真右:最終的に歯を再現した状態(インプラント上部構造の装着)

Case2

Case2

写真左:歯がなくなっている(欠損)部位に麻酔をかける
写真中央左:歯茎にインプラントの直径相当の穴をあける(この症例の場合はメスによる切開の必要がなかった)
写真中央右:埋めたインプラント(埋めてから2ヶ月後の状態)
写真右:完成した歯をインプラントに接続して完了

Case3

Case3

写真左:4本歯がなくなる部位の両脇2本にインプラントを埋入(1本土台で残っている歯は後日抜歯予定)
写真中央左
2本のインプラントに土台を立てた状態
写真中央右
4本の連結した歯をインプラントに装着
写真右
レントゲン写真(2本のインプラントで4本の歯を作製)

Case4

Case4①歯を抜いた穴

Case4②インプラントを埋入するための穴の形成
先端部分は上顎洞内に入るため、上顎洞底粘膜を挙上
(詳しい術式については当院にてご説明いたします)

Case4③インプラントを埋入
ここから約2ヶ月の治癒期間に入る

Case4④作成された歯(上部構造体)を装着して完成

Case5

Case5①歯を抜歯した穴
レントゲン写真は歯を抜歯する前

Case5②抜歯前にCT画像よりインプラントを埋める位置をシミュレーション
その位置にインプラントを埋めるための穴(インプラント床)を形成

Case5③インプラントをシミュレーション通りの位置に埋入

Case5④約2ヶ月後、型取りをして歯(上部構造体)を作成
インプラント本体に装着して完成

インプラントをしたらそれで終わりではありません

インプラントはメインテナンスが欠かせません

入れ歯やブリッジでも言えることですが、ことインプラント治療においては、治療後の定期的なメインテナンスが欠かせません。
顎の骨と結合しているインプラントは、入れ歯やブリッジと比べると侵襲が大きく、適切なメインテナンスができていないと、最悪の場合にはインプラントが脱落してしまうためです。
メインテナンスでは、インプラントが正しく機能しているか、その周辺をきれいに清掃できているかといったことのチェック、クリーニングなどを行います。
当院では、インプラント治療を受けたすべての方に、6ヵ月または1年ごとのメインテナンスのためのご来院をお約束いただいております。インプラント少しでも長く、また快適に使用していただくため、ご協力をお願いいたします。

インプラントの料金

インプラント

インプラント埋入手術
(検査・麻酔・手術・抜糸)
¥270.000
税込¥297,000
GBR   ¥50.000
税込¥55,000
ソケットリフト ¥50.000
税込¥55,000
ガイドサージェリー ¥60.000
税込¥66,000
インプラント抜歯 ¥10.000~¥30,000
税込¥11,000~税込¥33,000
上部構造体       ジルコニア ¥140.000
税込¥154,000
ゴールド ¥100,000
税込¥110,000
(金相場で変動あり)

インプラントQ&A

インプラントの治療期間は?

インプラントを埋入して、そのインプラント本体と周りの骨が結合してくれる期間をもうけます。
早くて1ヶ月、時間がかかる症例だと長くて半年ほどかかる場合があります。その後、仮歯を装着し、咬み合わせのリハビリをしてから、最終的な人工歯を装着する流れとなります。
トータルで4ヶ月〜8ヶ月の期間を要する治療となります。

インプラント治療ができないケースはある?

中には残念ながらあります。
インプラント治療ができない要因の中で最多であるのが、インプラントを埋めるために必要な骨の量の不足です。悪くなった歯を抜くことをためらい、抜歯のタイミングを遅らせすぎてしまった場合にみられることがあります。
また、基礎疾患を有する方で、口腔内における外科処置が難しい方も、インプラント治療ができないことがあります。

インプラント手術に痛みはあるの?

歯を抜くときに骨に与える損傷と、ほぼ同程度と考えていただいていいかと思います。 「骨に穴を掘る」と聞くと相当痛みを伴いそうなイメージがわきますが、実際は麻酔もよく効いた状態で施術しますので、痛みもほとんど感じずにインプラント手術が済むことが大半です。また、当院では「麻酔の注射が痛くない」との声を患者様より多くいただいております。

インプラントをすると、どんなメリットがあるの?

元々自分の歯があったときと同じ感覚で食事ができます。
見た目の改善も、天然の歯と同等の見栄えを人工歯で再現することができます。
欠損した部位の隣の歯を傷つけることなく処置ができます。

顎の骨が少ないとインプラント手術は受けられないの?

少ない量にもよりますが、骨を増やす方法を併用すればできることもあります。(後述、骨造成)

インプラントを長持ちさせる方法は?

定期的なメインテナンスを受けられることが大前提です。
しかし、インプラントを入れたから頻繁にメインテナンスに通わなければならなくなるわけではありません。
ご自身の歯も、インプラントも、定期的に歯科衛生士によるメインテナンスをすることが重要です。

インプラント治療後のケアの重要性は?

インプラントは一度入れてしまえば、その後ケアをしなくても一生物が確約されるものではありません。
たかが人工物にすぎないのです。
長持ちさせるためには、定期的なインプラント周囲を含めた口腔内の衛生状態を保つためのクリーニングとメインテナンスが重要です。

インプラントオーバーデンチャーとは?

インプラントを土台にした入れ歯です。入れ歯の欠点のひとつとして、ガタガタ動いてしまうことが挙げられます。
インプラントと入れ歯を接続する(服のボタンのような構造)ことで、入れ歯を固定することができます。
取り外し式ですので、元々歯があった時を同じ感覚とまではいきませんが、食事を取るといった機能面では歯を失った改善策としては優れた方法といえます。
また、インプラント治療を希望はするが、本数が多く必要になり費用がかさむ症例の場合、インプラントオーバーデンチャーにすることでコストカットを図ることが可能となります。

入れ歯とインプラントどっちがいいの?

元々歯があった頃と同じような状態(咬むという機能面、見た目においた審美面)に回復させるという意味ではインプラントの方が優勢です。諸条件(骨の量、治療期間、費用等)に折り合いがつけば、入れ歯よりインプラント治療を受けられた方が、お口の健康回復につながります。

インプラントの妥当な金額は?

総額で30万円〜50万円が我が国でのインプラント治療における相場になります。 症例に応じて費用は変動しますが、通法のインプラント治療であれば当医院でも 相場の範囲で費用設定をしております。

歯周病とインプラント治療、インプラントのメンテナンス

歯周病とは”歯周病菌”による病気です。インプラント治療の成功率を大幅に下げる天敵です。
歯周病がある方はインプラント治療を実施する前に、まずは歯周病の徹底管理をしてからになります。
また、インプラントは魔法のアイテムではありません。「虫歯にならない」以外は歯と同様の病気にかかるリスクが あると考えていただいていいかと思います。
もちろん歯周病(インプラントの場合は”インプラント周囲炎”といいます)にかかるリスクもあります。 歯と同様、定期的なメンテナンスは欠かさず行いましょう。

インプラントの通院頻度

1, インプラント埋入手術(糸で縫う場合は翌週に抜糸)
2, 6週〜8週でインプラントの安定度を確認仮歯の装着
3, 仮歯にて咬み合わせのリハビリを7〜10日して、問題なければ本歯作製のための型採り (本歯作製期間約3週間)
4, 本歯(上部構造体)装着 完了
上記は全てが順調に進行した場合ですが、通院回数は5回、治療期間は約4ヶ月となります。

骨造成(GBR:Guided Bone Regeneration)とは また、どんな場合に骨造成が必要なの?

インプラントを埋入したい場所に骨の量が不足している場合、骨を増量させる処置のことをいいます。
インプラント埋入とはまた別に追加の処置となりますが、骨の量が足りない場所にもインプラント治療を可能にするための処置となります。

こちらの参考症例の場合、インプラントを埋入したい場所の骨の幅が足りなかったため、横方向に骨を造成する処置を致しました。人工的に骨の幅を造成させてから、インプラントを埋入した症例です。

インプラントと喫煙の関係

インプラントと骨は細胞レベルで結合して存在しています。
その結合に大きな役割を果たしているのが”血液”です。
骨の中の血流が多いほどインプラントの定着に有利となります。しかし、喫煙者の歯周組織の特徴として、 ”血流不足”が挙げられます。インプラント手術を通法通り成功させたとしても、血液量が足りずに骨と結合 してくれず、インプラントが抜け落ちてしまうリスクがあります。
また、埋入手術は成功したとしても、その後の管理においても前述のインプラント周囲炎に対する抵抗力が 弱く、やはり喫煙がインプラントの維持管理を阻害してしまいます。

上部構造について

主に、ジルコニアという材質を使用します。強度的にも非常に安定しており、また、審美的(見た目)にも 限りなく天然の歯の色を再現することが可能となります。
咬み合わせの負荷が強く、見た目をあまり気にしなくて良い歯(上の奥歯で見えにくい場合など)は、金歯を装着することもあります。

インプラントメーカーの種類

インプラント治療の歴史は長く、昨今では最新治療ではなく、ごく一般的な治療として確立されています。
あらゆるインプラント治療が実施されてきた中で、淘汰され、今現在歯科界に存在するインプラントのほとんどが、 良く研究開発がなされ、かつ良好な結果を得ることのできるものであると考えます。 当医院では、その中でも信頼性の高いストローマン社、ジンヴィ社、のインプラントを使用しております。

インプラントができる、適齢年齢は?

顎の骨の発育がまだ途中である10代は適齢ではないと考えます。早くても成長が止まった20代に入ってからが 良いかと考えます。
また、高齢の患者様について、年齢制限は特にないと考えております。年齢よりも、基礎疾患の有無や、通院可能か、 などが要件になります。

インプラントと咬み合わせについて

お口の中でおきるトラブル(病気)は、大きなグループにわけて”虫歯・歯周病・咬み合わせ”の3つに大別されます。
これら3つの全てに注力しながら治療を実施するため、当然インプラント治療と併走して咬み合わせもよく分析しな がら治療を実施します。

インプラントをする時にCTは必要か

必須です。インプラントは顎の骨に埋めこむ装置です。顎の骨の形、骨量を綿密に把握し、分析した上での治療となるため、CTでのデータは不可欠となります。
当医院ではインプラント治療を実施する全ての症例で術前・術後にCT撮影を実施しております。

一番上に戻る
0742-93-36060742-93-3606 WEB予約フォームWEB予約フォーム 登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-1-10

9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:日、祝日
▲:月によって土曜日の診療は異なりますので診療カレンダーをご確認下さい。

0742-93-3606

ならやま大通り沿い駐車場6台完備