予防歯科

虫歯や歯周病を予防する重要性

虫歯も歯周病も放置すると最終的に行きつくのは「歯を失ってしまう」ということです。インプラントや精密な入れ歯の治療で審美性・機能性を回復させることはできますが、やはり天然歯には敵いません。
「予防をしても限界があるし」「歳をとったら虫歯や歯周病になっても仕方ない」という考え方でいると、どうしても、虫歯や歯周病になる可能性、歯を失う可能性が高くなってしまいます。予防をしたから虫歯・歯周病にならないお口がすぐに手に入るわけではありませんが、継続的な予防により、そこに少しずつ近づけることは可能です。
普段はなかなか気づかないのですが「自分の歯で噛める」「思い切り歯を見せて笑える」ということは、私たちの身体的・精神的健康の維持に大いに役立っています。お口だけでなく、全身とこころの健康を維持し、年齢を重ねてからも生活の質を維持できるよう、当院で予防歯科を始めませんか?

プロフェッショナルケアとセルフケア

プロフェッショナルケアとセルフケア予防は大きく、歯科医院で定期的に行う「プロフェッショナルケア」と、ご自宅で毎日行う「セルフケア」に分けられます。

プロフェッショナルケア

プロフェッショナルケア

歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)

プラークが石灰化した「歯石」は、セルフケアでは除去できません。歯石まわりは細菌が繁殖しやすくなりますので、定期的に歯科医院で除去しましょう。

PMTC(歯のクリーニング)

専用のブラシを用いて行う、歯面清掃です。歯を傷つけることなく、セルフケアよりも効率的に歯面の汚れを落とします。PMTC後の歯は、舌で触ってわかるくらいツルツルしています。プラークも付着しにくくなります。

ブラッシング指導

セルフケアの柱、ブラッシングの方法を指導します。磨けているところ、磨けていないところを歯科衛生士よりお伝えしますので、ご自宅でのセルフケアに活かしてください。

フッ素塗布

高濃度のフッ素を歯に塗布します。
歯の再石灰化と歯質の強化を促します。

口腔ケアのアドバイス

デンタルフロスや歯間ブラシ、洗口液などの口腔ケアグッズの選び方・使い方をお教えします。
繰り返し虫歯になってしまう場合などには、食事や生活習慣についてのアドバイスもいたします。

セルフケア

歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシ、洗口液などを用いた毎日のセルフケアです。
これらのケアは、間食を含め毎食後行いましょう。選び方、使い方は、ご来院の際に歯科衛生士よりお伝えさせていただきます。

歯磨きの基本

ブラッシングは、セルフケアの中心です。ただ、指導を受けても「慣れ」とともに基本を忘れてしまいがちです。ときどきで結構ですので、基本に立ち返り、正しい歯磨きを続けていきましょう。

  • 奥歯に歯ブラシが届かないと感じるときは、ヘッドの小さなものを選びましょう。
  • 強く擦らないように注意しましょう。歯が摩耗したり、歯茎が炎症を起こす原因になります。
  • 歯ブラシのストロークはできるだけ短く、小刻みに動かしましょう。
  • 歯の表裏だけでなく、奥歯の溝、歯と歯茎の境目、歯間、前歯の裏側なども磨きましょう。
  • 歯と歯茎の境目を磨くときは、歯ブラシを45度の角度で当てましょう。

予防のプロの歯科衛生士は担当制

予防の処置やアドバイスは、歯科衛生士が中心となって行います。歯科衛生士は予防や口腔衛生管理のプロフェッショナルですので、安心してお任せください。また、分からないことは、何でもお尋ねください。
当院では、より患者様に安心して予防・定期検診に通っていただくため、歯科衛生士の担当制を採用しております。いつも同じ歯科衛生士が担当することで、さらに質の高い処置、患者様に合ったアドバイスを行うことができます。患者様が「安心して通える」「楽しく通える」ように歯科衛生士一同、努めております。

予防歯科Q&A

歯石除去はどのぐらいの頻度で受けるといいのでしょうか?また費用はどのぐらいかかるのでしょうか?

歯石の溜まりやすさにも個人差がありますが、およそ3か月ごとを目安としていただければと思います。
また費用についてですが、歯周病の治療として行う場合には健康保険が適用され、3割負担の方が3回通院したとして5,000~6,000円ほどとなります(検査等含む)。

歯石除去は痛みがありますか?

歯茎が健康であれば、通常痛みはありません。
一方で歯茎に炎症があれば、歯石除去の際に痛みや出血が起こることがあります。ご不安な場合には、麻酔処置をした上で歯石除去を行います。

歯石を自分で取ることができるのでしょうか?

物理的に取れないことはありませんが、絶対にご自身で取らないようにしてください。必ず取り残しが生じますし、歯や歯茎を傷つけることになります。
歯茎が傷つき炎症を起こせば、本末転倒です。歯石は必ず、歯科医院で除去してもらいましょう。

一番上に戻る
0742-93-36060742-93-3606 WEB予約フォームWEB予約フォーム 登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-1-10

9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:日、祝日
▲:月によって土曜日の診療は異なりますので診療カレンダーをご確認下さい。

0742-93-3606

ならやま大通り沿い駐車場6台完備