根管治療

当院の根管治療の特徴

当院の根管治療の特徴根管治療とは、虫歯が深くまで進行してしまい、神経や血管にまで到達した場合に、虫歯菌に汚染された神経や血管を取り除いて、歯の根の中を洗浄・消毒し、薬剤を詰めることで抜歯を回避する治療です。
虫歯が歯の内部にまで侵蝕してしまい、根の周りに大きな膿袋を抱えて、「抜くしかない」と診断を受けた歯でも、歯の土台の残っている量によっては精密な根管治療を施すことで歯を抜かずに温存出来るケースが あります。お困りの際には、ぜひ一度、奈良の登美ヶ丘木原歯科医院までご相談ください。

CT完備で精密な診断

CT完備で精密な診断歯の根は非常に複雑な構造をしています。歯科用CTで歯の根の複雑な構造を立体的に把握しておくことで、通常の平面画像のレントゲンのみで治療に臨むよりも格段に確かな診査・診断を実現することができ、治療の成功率も上がります。

マイクロスコープによる精密根管治療

マイクロスコープによる精密根管治療当院では、視野を20倍にまで拡大できるマイクロスコープを導入しております。
技術や知識を習得し、長い臨床経験を積んだベテラン歯科医師でも、裸眼で㎛単位の神経の取り残しを見ることはできません。
マイクロスコープによる拡大精密治療の恩恵を受けることで、より長く歯を温存する可能性を求めることができます。

根管治療の種類

根管治療は大きく以下の3つに分類され、それぞれ少しずつ目的も異なります。

抜髄処置

虫歯の進行によって汚染された神経や血管は、放っておくと壊死し、さらに腐敗します。
その状況へと進むことを防ぐため、汚染された神経・血管を取り除き、洗浄・消毒・薬剤充填を行います。

感染根管処置

神経・血管が壊死してしまった場合に行われる処置です。神経や血管、さらに溶けてしまった象牙質を徹底的に除去し、洗浄・消毒・薬剤充填を行います。
神経・血管の壊死を放置していると、細菌が繁殖し歯の根のまわりの骨を溶かし始め、膿が溜まります(根尖性歯周炎)。

再根管治療

過去に根管治療を施してはあるものの、うまく噛めない、痛みが再発したといった場合に行われる治療です。被せ物や詰め物を取り外し、充填した薬剤・汚染された組織を除去し、再度洗浄・消毒・薬剤充填を行います。
ただし、初回の抜髄処置や感染根管治療に比較して、その成功率は低くなると言われています。

根管治療の流れ

神経・血管の除去

神経・血管の除去汚染された神経・血管を取り除きます。

根管内の清掃・消毒

根管内の清掃・消毒専用の器具を使用して、根管内を徹底的に清掃・消毒していきます。必要であればマイクロスコープを用いて汚染物質の取り残しのないようにいたします。根の数にもよりますが、この工程は何度かの治療回数をくり返します。

薬剤充填

薬剤充填根管内がきれいになり、症状が落ち着いたら、薬剤を充填します。 根管治療はこれで終了です。

被せ物の取り付け

被せ物の取り付け被せ物を取りつけ、歯の審美性・機能性を回復させます。

根管治療の症例

Case1 抜髄処置

Case1 抜髄処置

レントゲン写真左:歯の神経が炎症を起こし、神経を抜く処置が必要となった術前のレントゲン写真
レントゲン写真右:歯の神経を取り除き、消毒の後、樹脂(根管充填材)で詰めた状態

Case2 抜髄処置

Case2 抜髄処置

Case3 再根管治療

Case3 再根管治療

Case4 再根管治療

Case4 再根管治療①歯の内部に清潔な環境を作って樹脂にて密閉

Case4 再根管治療②被せ物を外し、さらに歯の内部に詰められている
汚染された物質を除去
徹底的に歯の内部を清掃・消毒

Case4 再根管治療③歯の内部に清潔な環境を作って樹脂にて密閉

Case5 根尖病変(根の先の膿袋)

Case5 根尖病変(根の先の膿袋)①術前:歯の神経が死んでしまい、根の外に膿袋を形成してしまった状態

Case5 根尖病変(根の先の膿袋)②術直後:神経が通っていた管の中を清掃・消毒して樹脂を詰めた

Case5 根尖病変(根の先の膿袋)③術後:歯の内部にあった汚染物質がなくなり、治療により清潔な状態となったため、膿袋は自然治癒した

根管治療後の痛み~ズキズキと痛むのはなぜか?~

根管治療を終えて数日後、ズキズキと痛みが生じることがあります。通常は1週間以内に治まります。その場合、特別な治療は必要ありません。
ただし、痛みが1週間以上続いたり、歯茎が腫れている、膿が出ているという場合には、根管内にわずかに細菌が入り込んで炎症を起こしている可能性があります。すぐに当院にご相談ください。
抗生物質により殺菌することもできますが、稀に、再治療が必要になることがあります。

根管治療Q&A

根管治療が必要なのはどんな症状の場合でしょうか?

基本的には、虫歯が重症化し、神経・血管が汚染された場合に必要になる治療です。
その他、重度の知覚過敏になり生活に支障をきたしている場合、歯に亀裂が入り根管で炎症を起こしている場合にも、根管治療が必要になります。

根管治療はなぜ回数が多くなるのでしょうか?

根管は、非常に複雑な形をしています。そして、根管治療は徹底性が求められる治療です。汚れを取り残してしまっては、虫歯が再発する可能性が高くなるためです。
マイクロスコープを用いて洗浄・消毒を何度も繰り返し、徹底的に根管内をきれいにしてから薬剤を充填するという工程は、根管治療を成功させるために欠かせないものなのです。

根管治療の際に痛みはありますか?

神経や血管を除去する際には、十分に麻酔を効かせていますので、ほとんど痛みはありません。ただし、炎症が強い場合には、麻酔が十分に作用せず、痛みを感じることがあります。

歯の神経を抜くとどんな症状が起こるのでしょうか?

根管治療では、根管内に詰まっている神経細胞や毛細血管を除去します。これらは歯に刺激が及んだときにそれを感知するセンサーの役割を果たす機構であり、失うことによってその歯は危険を察知する能力が低下します。具体的には、虫歯にかかっているのに痛みのセンサーが働かないため発見が遅れたり、過度な噛む力が加わっているのに気づかずに噛み続けて、歯を砕いてしまったりということです。
そのため、できるだけ歯の神経は抜かずに活きた歯のまま温存することがベストなのですが、やむを得ず神経を抜かなくてはいけなくなった場合は、せめてもの精密で適切な根管治療が必要不可欠なのです。

一番上に戻る
0742-93-36060742-93-3606 WEB予約フォームWEB予約フォーム 登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-1-10

9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:日、祝日
▲:月によって土曜日の診療は異なりますので診療カレンダーをご確認下さい。

0742-93-3606

ならやま大通り沿い駐車場6台完備