歯がボロボロで恥ずかしい方へ

歯がボロボロになってしまった方の回復した症例

1

歯が虫歯でボロボロになった状態で来院された患者様

歯がボロボロCase1

2

虫歯にかかってしまった歯を全て抜いて、残ったはは出来る限りきれいにクリーニングしております。

歯がボロボロCase2

3

歯を失ってしまった奥歯の部分は、上下ともに保険適用の入れ歯を作製して歯を回復しました。

歯がボロボロCase3

前歯の隙間ががあいてきた…歯と歯の隙間が空く原因は?

歯がボロボロ重度の歯周病やむし歯を放置して治療を受けずにいる方は多くいらっしゃいます。 その結果、症状がひどくなり、気が付いた時には「歯がボロボロ」で歯科医院に行くのが恥ずかしかったという患者様のお声をよく耳にします。
歯がボロボロになると「もう元には戻らない・・・」「元に戻すにはかなりの時間がかかる、、、」と半分あきらめてしまっている患者様がいますが、診察を行ってみないと手遅れかどうかはわかりません。歯科医療の技術は日々進化しており、歯がボロボロになってしまっても機能と見た目を回復できる方法はあります。
一人で悩みを抱えず、お早めに当院までご相談下さい。

歯がボロボロになってしまう原因は、大きく分けて2つあります。
1つは「重度のむし歯」、2つ目は「重度の歯周病」です。
この2つは放置すればするほど悪化してしまい、歯がボロボロになってしまいます。 治療を受けないままにすると、どのように虫歯や歯周病が進行していくのかを説明致します。

むし歯を放置していると

むし歯の原因は、プラークに含まれている細菌(ミュータンス菌など)です。
初めの頃のむし歯は、歯の表面のエナメル質が溶けていきます。
進行していくと痛みを伴う症状が出てきます。

C0

歯の表面のエナメル質が少し溶かされます。
痛みもなく自覚症状はありません。

C1

細菌がエナメル質の仲間で進入し、歯に穴が空きます。
痛みはほとんどありませんが、むし歯の部分が少し黒く見えるようになります。

C2

象牙質にむし歯が到達します。
冷たい、温かい飲み物や甘い食べ物が歯にしみるようになります。

C3

象牙質の内側にある歯の神経(歯髄)にむし歯が到達します。
神経(歯髄)に炎症が起こり、日常生活において激しい痛みを伴うようになります。

C4

歯(歯冠部)がボロボロになり、歯根部だけが残った状態になります。
神経(歯髄)が死んでいるので痛みは感じなくなります。

歯周病を放置していると

歯周病を放置していると

歯周病の直接的な原因はプラーク(歯垢)に含まれている細菌です。
初めの頃は、歯茎が炎症を起こして腫れるだけですが、悪化すると様々な症状が発生します。

軽度歯周病

細菌が出す毒素によって、歯茎が炎症を起こして赤く腫れます。
痛みはほとんどありませんが、歯ブラシをしている際に出血することがあります。

中度歯周炎

歯茎の炎症が進行して、歯茎からの出血の他に、歯と歯茎の間から膿が出ることもあります。
顎の骨が半分程溶かされ、歯がぐらつき始めます。
硬い食べ物が噛みづらくなってきます。

重度歯周炎

顎の骨がほとんど溶かされます。
歯が大きくグラつくようになり、食事中にもズキズキと痛みが発生します。
放置していると、歯が抜け落ちてしまいます。

歯医者に行かないと歯がボロボロは治りません。

歯医者に行かないと歯がボロボロは治りません。 class= 「歯医者に行くのが面倒」「行く時間がない」といった理由で歯医者に行かずに、むし歯や歯周病の進行を放置していると、いつの間にか歯がボロボロになってしまいます。
歯がボロボロになってしまうと、以下のような理由でさらに歯医者に行くのをためらってしまいます。

ボロボロの歯の口の中を見られるのが恥ずかしいから

歯がボロボロになった場合、歯科医に口の中を見せるのが恥ずかしいという患者様が多くいらっしゃいます。お気持ちはよくわかります。ですが、そもそも歯医者はむし歯や歯周病の治療をする場所です。歯科医からすると、ボロボロになった歯を目にするのはよくある事なのです。そのような方がいらしても、「あぁ、こんな方たまにいるんだよな」と、驚くようなことはありません。そのような方のお話を伺うと、色々なバックグラウンドが見えてきて、「そうだったんだ、大変だったんですね。」と思わされることが多く、「是非頑張って治療を受けていただいて、健康な歯を回復させましょう」と、むしろ治療に携わらせていただく喜びを改めて実感する次第です。

歯がボロボロになると治療費が高額だから

むし歯や歯周病の治療費は、症状が悪化するほど、治療費も高くなります。
高額な治療費を気にされるのはわかりますが、患者様の了承なしに当院では治療を進めることはありません。
治療を進めるにあたって、治療方針、保険、自費、治療スケジュールなど患者様としっかり話し合って治療を進めていきますのでご安心ください。また、治療費は条件を満たせば医療費控除も適用になります。
歯がボロボロで気にされている方はまずは一度当院にご相談下さい。

歯がボロボロの治療は痛そうなイメージだから

歯がボロボロになるまで重症化すると、かなり大がかりな治療になるため治療が痛いイメージを持っている方もおられます。しかし、当院ではできるだけ痛みを和らげるために、いきなり麻酔注射を打つのではなく、歯茎の表面に塗るタイプの表面麻酔をしてから極力痛みが少ないようにしてから治療を行います。当医院の患者様より、よく「麻酔の注射が痛くなかった」というお声を頂戴しております。
痛みが不安で治療に来院できなかった方も一度当院までご相談下さい。

歯がボロボロになってしまった方の治療

保険診療と自費治療で行う治療

保険診療と自費治療で行う治療 class=

登美ヶ丘木原歯科医院では、治療前に患者様とご納得いくまでご相談をさせて頂き、治療方針とスケジュールを綿密に立てたうえで、保険診療と自費治療どちらで治療を行っていくかを決めています。

治療の流れ

1歯がボロボロになってしまった方の治療

一先ず、歯ブラシでお口の中を清潔にし、歯石除去などを行いながら口腔内の状況を出来る限り衛生的に正常に戻します。

2歯がボロボロになってしまった方の治療

周りの歯に悪い影響を及ぼす歯に関して、汚れや歯石を取り終わった後に、抜かなければならない場合があります。
抜歯は保険適応になります。

3歯がボロボロになってしまった方の治療

仮歯などを作成し、本格的に治療が開始されます。入れ歯・ブリッジ・セラミック・インプラント等を使用し治療を行います。

4歯がボロボロになってしまった方の治療

治療後も、歯石除去や、歯のクリーニングは定期的に行うようにして、お口の健康を保ちましょう。
一番上に戻る
0742-93-36060742-93-3606 WEB予約フォームWEB予約フォーム 登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-1-10

9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:日、祝日
▲:月によって土曜日の診療は異なりますので診療カレンダーをご確認下さい。

0742-93-3606

ならやま大通り沿い駐車場6台完備