治療後に噛むとズキズキ痛い

治療後に噛むとズキズキ痛い髪の毛が口の中に入ったときのことを想像していただければ分かりますが、口腔は非常に敏感な器官です。
詰め物の治療で少し咬み合わせが変化しただけでも、私たちはすぐにその違和感に気づきます。そのため、治療後の痛み・違和感が生じることも珍しくはありません。
多くは一時的なものであり、時間と共に解消されます。ただし中には治療が必要な場合もあります。虫歯治療の後、ズキズキと噛むと痛いという場合には、しばらくの間、注意しておきましょう。

治療後に噛むと痛い原因は?

いくつかの原因が考えられますが、適切な治療を受けていたのであれば、通常は心配のない、次第に治まることがほとんどです。しかし、様子を見ていても痛みが治まらない場合もあります。

神経の過敏

神経の過敏歯を削ったとき、振動などで刺激を受けることで、その後一時的に神経が過敏になることがあります。神経が過敏になると、詰め物・被せ物を取りつけた状態であっても、噛んだときに痛むようになります。
通常、神経の過敏は次第に治まっていきます。

咬み合わせが合っていない

被せ物・詰め物を取り付けたことで、咬み合わせが乱れてしまうと、噛んだときに痛みが生じることがあります。

金属の詰め物を使ったことによる過敏

金属の詰め物を使ったことによる過敏金属は、天然歯やプラスチック、セラミックと比べて、熱の伝導性に優れています。冷たい物を口にしたとき、その冷たさが神経に届きやすいため、しみたり、痛んだりしやすいと言えます。

二次虫歯

詰め物や被せ物との隙間に汚れが溜まっていたり、根管治療後の根管に唾液が侵入するなどして、二次的な虫歯が生じてしまうと、次第に痛みを感じるようになります。

治療後に噛むと痛い場合の対処法

痛む歯を刺激しない

一時的な炎症によって痛みが生じている可能性があるため、その炎症が悪化するような冷たいもの・熱いもの・辛いものなどの刺激物は避けてください。
また、気になっても指で触らないようにしてください。

市販の痛み止めの服用

市販の痛み止めの服用それほど痛みは強くないけれど、仕事に集中したい・眠れないという場合には、市販の痛み止めを服用してくださっても構いません。
ただ、常用するお薬ではありませんので、あくまで応急処置としてご活用ください。

長時間の入浴・飲酒・激しい運動・喫煙を避ける

血行を良くしたり、炎症を悪化させるおそれのあることはできるだけ避けてください。

冷やしタオルを頬からあてる

冷蔵庫などで冷やしたタオル、冷却シートを、頬の外側からあてると、痛みが和らぎます。
氷を口に入れるなどの冷やしすぎは逆効果となるのでご注意ください。

歯科医院での治療

歯科医院での治療症状が強い、続く場合には歯科医院を受診してください。もちろん、痛みを感じてすぐご相談くださっても結構です。
神経を取る根管治療、咬み合わせ治療、詰め物の交換、虫歯治療など、必要となる治療法をご提案します。

治療後噛むと痛い症例

Case1

治療後噛むと痛い症例

一番上に戻る
0742-93-36060742-93-3606 WEB予約フォームWEB予約フォーム 登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram登美ヶ丘木原歯科医院 Instagram

〒631-0002 奈良県奈良市東登美ヶ丘1-1-10

9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:日、祝日
▲:月によって土曜日の診療は異なりますので診療カレンダーをご確認下さい。

0742-93-3606

ならやま大通り沿い駐車場6台完備